| Japanese | English |

スリランカについて

地理

スリランカは、インドの東の下に位置する小さな島です。スリランカとは、シンハラ語で「光り輝く島」という意味。とても、美しい緑豊かな国です。
スリランカの約7割がインドのアーリア系を祖先にもつシンハラ人。次に多いのがインド南部から移住をしてきたタミル人、そして、ムーア人と続きます。
スリランカの特産物は、紅茶、ココナッツ、そして、宝石類です。特に紅茶の生産は盛んで世界生産量第3位を誇っています。

文化

宗教は、仏教が中心で、シンハラ人の大半が仏教徒です。また、タミル人にはヒンドゥー教徒が多くみられます。
儀礼
生後初めて髪の毛を切る儀礼「ケス・キャピーメ」、初めて文字を読む儀礼「アクル・キャビーメ」をはじめ、結婚式、葬式等、人生の節目に行う儀礼がたくさんあります。 詳細へ
祭り
仏陀の一生を描き電気で装飾した「トラナ」と呼ばれる看板が彩る「ウェサック祭」や「ポソン祭」。スリランカには仏教に関わった祭りがたくさんあります。 詳細へ

生活

スリランカの日常を少し紹介したいと思います。 詳細へ